入れ墨除去の施術は痛みがあるのか|若気の至りを消す方法

跡が残らない

美容整形外科で受けるレーザー治療といえば、脱毛を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、脱毛だけではなく顔に残ってしまったニキビ跡やシミなども消すことができます。

レディ

多汗症の切らない治療

ミラドライは、切らない多汗症治療として今注目されています。しかし、術後のダウンタイムとして腕に違和感を感じることがあります。暫く経てば改善しますが、施術を受ける前に知っておきましょう。

ウーマン

肌トラブルの治療

神戸には、美容皮膚科という病院があります。通常の皮膚科とは違って、美容を目的した治療を受けられます。その為、通常の皮膚科では受けられない肌トラブルの改善が可能になります。

簡単には消せない

消したくなったらどうする

今でこそ昔に比べると入れ墨に対する偏見が減ってきましたが、まだまだ印象は悪いです。その為、良かれと思っていれた入れ墨が後に消さないといけない状況や消したいと思うようになることだってあります。しかし、基本的に入れ墨は皮膚に直接特殊な墨で彫っていることになるので、簡単に消すことができないようになっています。時間が経つと薄くはなってきますが、完全に消えてしまうということはないでしょう。その為、入れ墨除去するのなら美容外科などで除去施術を受ける必要があります。この施術は、レーザー治療、切除治療、皮膚移植治療、削皮治療という四つの種類があります。どれも特徴が異なりますが、共通して感じることは治療の痛みになります。

痛みを感じるのは仕方ない

入れ墨除去を行なうとなれば、上記に書いた通り四つの治療方法の内から選ばないといけません。それに、どれもやはり痛みは伴うので受けるとなれば覚悟が必要になります。しかし、痛みを抑えた治療も今はあります。それは、レーザー治療のなかで最新と言われているピコレーザーです。これは、肌へのダメージが少なくて安心して治療を受けられます。どうして痛みを抑えられるのかといえば、従来のレーザー治療に比べると照射時間が短いからです。その為、照射時の痛みが軽減されますし肌へのダメージも少ないということになります。治療回数も少なくできるので、これから入れ墨除去しようと思っているのならピコレーザーを検討してみて下さい。