入れ墨除去の施術は痛みがあるのか|若気の至りを消す方法

多汗症の切らない治療

レディ

多汗症とは

汗をよくかくという人は、多汗症の可能性があります。この症状は、温度が高くて汗をかくというよりも精神的に感じたことで発汗するという症状になります。精神性発汗と呼ばれており、エクリン汗腺の活動が通常の人よりも活発になっていることが原因でわきに多くの汗が発生します。多汗症は、ストレスを感じることでも発汗してしまいますし、場合によっては汗をかいていることがプレッシャーとなってしまってより発汗してしまうということもあります。なかには、服の色が変わるほど汗をかく人もいるので、症状を改善したいでしょう。少し前までは、多汗症の治療はメスを入れるものが主流でした。ですが、これだと傷跡が残ったり、ダウンタイムが長くて辛くなったりするので、できれば受けたくないという人が多いです。そういった人は、切らない治療のミラドライを試してみてはどうでしょうか。

ミラドライとは

最新の多汗症治療としてミラドライは注目されているのですが、具体的にどういった治療なのかと知りたいでしょう。この治療は、ミラドライから発するマイクロウェーブを照射して、皮膚の下から脂肪上層にかけて2ミリから3ミリに存在する汗腺を熱で破壊します。それに、照射した直後に破壊されるので、治療を受けた当日から多汗症の症状から解放されるというメリットがあります。ただ、一つ注意してほしいことがあります。ミラドライは、メスを使用しないのですが一週間ほど軽いダウンタイムの症状があります。それは、腕の違和感や照射した皮膚の突っ張りです。これは、個人差があるのであまり感じない人もいれば、数日腕に違和感があるという人もいます。ですから、ミラドライを受ける際は医師からこういったダウンタイムの症状についてやケア方法についても確認しておいたほうがいいでしょう。